証拠撮り専門浮気調査 不倫問題解決は証拠がすべて

ひとりで悩まずプロに相談!ご相談は何度でも無料!!業界屈指の調査力でありながら低料金が決めて☆

FrontPage

浮気調査の方法・不倫相手の特定から慰謝料請求まで

浮気・不倫調査:今も昔も年齢を問わず男女関係の縺れや問題は耐えることがありません。不倫でいえば、かつては妻の方が夫を探るのが一般的だったように思いますが、近年ではその逆の場合も増加傾向にあり、親の依頼で結婚している子どもの素行を探ったりなど、依頼内容にしても多様化、複雑化の傾向にあります。

浮気調査結果の使用用途は面談の段階ではっきりと伝えるようにし、裁判所まで持ち込む資料とするか、そこまでしないのかなど探偵社側とよく話し合い、調査中や調査後であっても確認することが大事になってきます。

離婚調査:離婚に対する一般的な考え方は、時代と共に変わりつつあるように、近年の離婚率は社会現象といってもいいほどの増加傾向にあり、社規的にも注目され、マスメディアによる離婚に関する記事や報道なども定着感さえあります。

離婚原因のなかでも割合を占めるのが、やはり夫なり妻なりの不貞行為です。いつの時代でも恋愛や不倫にまつわるエピソードは絶えません。浮気・不倫調査後の経緯から裁判の例を見ても、単なる浮気な行為にとどまらず、不倫関係にまでいってしまった場合を不貞行為と呼んでいます。

探偵の役割:探偵の活躍の場もそれに付随することで離婚を認める場合もこの辺りにあります。
浮気・不倫調査でいえば、探偵は秘密裏に対象者の行動を調べます。その方法も尾行・張り込みによる行動を監視し、記録することが中心になります。

依頼者の方も、浮気や不倫に関する何かしらのデータや資料なりがあれば逐一記録しておくことも後に有利になることもありますし、調査計画が立てやすくなり、見積りも正確に出しやすくなるのです。

浮気や不倫問題で、一人悶々と悩まれている方、まずは事実関係をはっきりさせるために調査を依頼されるのが一案かと思いますし、人生の今後の対策を練り、幸福を志向するうえでも事実をしっかりふまえることが肝要です。

法律家との連携:探偵社からの報告結果の目的用途にも依りますが、証拠撮りにも成功し、浮気・不倫相手も特定することができたのなら、損害賠償請求や慰謝料請求、また離婚に至った場合でも、その後の離婚にまつわる諸問題の解決に強い見方になってくれます。

こうした不倫調査を決断する際に、探偵社選びから始まるわけですが、探偵事務所や興信所は最寄ならばどこに依頼しても同じということではありません。料金に見合った調査力があるのか、スタッフや専門機材は充実しているのか、前述のように調査後の法律家との連携でサポート体制は充実しているのかなどを見極めなければなりせん。

初めの探偵選びを何でもいいからと適当に業者を選んでしまうと、問題解決どころかさらにトラブル加重になってしまいかねません。良心的か悪質かを見極める際の探偵業界の実態を自らの経験をもとに制作された本サイトは、探偵選び及び、離婚をめぐる法律的なことをわかりやすく網羅した解説ガイドです。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional